植物

気をつけて!その花はスズメバチも好き

どうも、タボです。

今日はマホニアコンフューサについてです。

マホニアコンフーサ

マホニアコンフューサってどんな植物?

別名はホソバヒイラギナンテン。

花は10月~11月にかけて黄色い花を咲かせます。ヒイラギナンテンよりも葉っぱのトゲが少ないです。

夏の暑さに強いですが、乾燥には気をつけてください。寒さにも強く育てやすいです。

ですが…

気をつけてほしいのが”スズメバチ“です。

マホニアコンフーサとスズメバチ 

マホニアコンフューサの花はスズメバチにとって大好物!

なぜかといいますと…

①舌が短いスズメバチにとって蜜腺が出ていると蜜を吸いやすい。

②活動が活発な時期(8月~10月頃)に咲いている。

特にこの時期スズメバチは攻撃性も高まっているので、

見つけたときは近づかないようにしましょう。

 

もしもの時のために、1本あると助かりますよ。

フマキラー ハチアブダブルジェット 450ML

 

スズメバチの巣を見つけたときは、近づかずに専門の防除業者に相談してください。

危険なハチ被害を迅速に解決!【ハチ110番】

スズメバチについてはこちらも参考にしてください ⇒ ガーデニング中の注意点 ~ハチ編~

マホニアコンフューサの育て方は?

日当たりや置き場所

半日陰の場所が良いです。暑さには強いですが、真夏の直射日光にあたると葉焼けをしてしまいます。

西日のあたる場所も避けた方が良いです。

水やり

乾燥しすぎないよう管理します。ただ、過湿になると根腐れの原因になるので気をつけてください。

庭植えの場合は、特にあたえる必要はありません。

肥料

寒肥として冬に緩効性肥料を施します。

その他の作業

・剪定は12月~2月に行います。

・花が咲き終わったら、花穂の付け根で切りとります。また、枯れた枝葉はその都度取り除きます。

-植物
-,